スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺達が今ここにいる意味・・・ プロローグ(小説)

それは今から大分昔のことだ。

我国が敵国からの侵略に脅かされていた。

その都度ある「武器」とそれを扱う者達によって払いのけられた。

「適合者」・・・その武器を扱う者達はそう呼ばれた。

そして役目を終えた「武器」は忽然と姿を消し、何十、何百の時を経て再び現れる。




レゴ歴2006年11月18日 ウレグアイ特別自治州(ウレグアイ国)にて同州の反政府軍による自爆テロが起きた。
そのテロにより、州のショッピングエリアやテーマパーク、政府関連施設などが襲われ、129人(内57人がブリック人)の犠牲者を出した。
「ウレグアイの地は元々我々のものだ。ブリック共和国のものでは断じて無い!」
それがテロリストらの要求である。テロには旧政府の存在が背後にあった。

BR政府は、南部に駐屯している第4統合軍の山岳師団より対テロ部隊(のちの対テロ特殊部隊「BARST」)2個中隊を抽出し、現地に派遣。
第2空挺部隊と共に本拠地を叩き、これを殲滅した・・・はずだった。

どこから湧き出てきたのか、テロリストの残党が、彼らに同調した民兵らレジスタンス。
さらには某国家の傭兵組織を後ろ盾にして、宣戦布告と共にもう一度独立を宣言した。
BR政府は宣戦布告に応じ、のちに「ウレグアイ独立紛争」が開戦されたのであった。

制空優位なBRは当時の主力戦闘機Fー49 ハルピュリアで制空を確保し、戦略爆撃を行った。

「このまま行けば、テロリストなど半月もしないで片づく。」とは当時の防衛大臣がマスコミに向かって言い放った言葉である。

実際、BRは圧倒的に優位な状況であった。問題はこの後であった・・・

テロリストは数の優位と地の利を生かしたゲリラ戦法に、先進装備で身を固めた当時のBR陸軍は苦戦を強いられたのだ。
航空戦力を用いて、辛くも進軍を進める陸軍だったが、ここで問題が発生した。

「人員不足」であった。

元々BR軍は兵員の数が他の先進国の軍と比べ格段に少なかった。ちなみにそれは現在においても改善はされていない。
それが数においては一国の正規軍かそれ以上の兵力を持ったテロリストとの消耗戦で、最前線で戦う兵士や後方支援の砲兵ら、さらには装甲車両や航空機の乗員までもがことごとく欠けていたのだ。
元々この紛争は内乱という位置づけであり、レグドラとの戦争以降徴兵制は廃止され、予備役の兵士もあまり役立たなかった。

そして政府はこの決断を下した。
士官学校や軍訓練学校の生徒といったまだまだ未熟な、それでいて未来を望める若者を最前線に立たせたのだ。それも実戦訓練と称して・・・

その時の役人や軍関係者、さらには民間人までもが、口を揃えて当時のBRを「末期状態」と呼んだ。


さて、その末期状態の国によって死地に送られることとなった訓練生部隊の第2波にレイン・フォードという生徒がいた。
もし、彼が自分から士官学校に入らなければ、あるいわテロリストが宣戦布告を宣言さえしなければ、国が宣戦布告に応じることがなければ、彼は普通の人間として過ごせたのかもしれない。


感想
さ~て、ようやく小説版「俺達が今ここにいる意味・・・」更新です!待っていた方々ごめんなさい!(待ってない人のが多いか・・・)
元の奴の原型を全く留めていませんwほとんど説明ですw
写真付のプロローグ前後編は小説の第1話に回したく思います。
今回は前みたいな中断は無いようがんばらせていただきます。
後写真付のは小説版の話が越えるまでは残して起きたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。