スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SGA-04 ファイティング・フォウル

ff-01.jpg


(注 この記事は書きかけの項目です。今後編集する可能性があります) 機体諸元

形式番号
SGA-04

所属
ブリック共和国 国防陸軍/海兵隊

頭頂高
約10ブロック

本体重量
11.5t

最大速度
68km/h(歩行時)/100km/h(ダッシュローラー使用時)

最大作戦行動時間
10時間(アイドリング時60時間)

固定武装/装備
(通常型)
75mm速射砲or
20mmガトリング砲
多目的ミサイルランチャー
(電子偵察型)
不明
(戦闘工兵型)
不明

ff-02.jpg

概要

「クォーターATAV計画(通称Q.A.P)」を推し進める陸軍は、近年続発しているテロや対ゲリラコマンドといった突発的な事態に対し、現場に急行しようにもグリズリーでは機体サイズが原因で大型輸送機をもたない共和国では空輸ができず、陸路では時間もかかってしまうと結論付けた。
そのため陸軍は小型軽量化されたATAVを開発し、また、その各種役割を1機種に統合化。それを主軸に車両や歩兵で構成された緊急展開部隊の編成を計画した。(普通に航空戦力使えばいいじゃないかという意見はなぜか一蹴された。)


SGA-04 ファイテング・フォウルは、グリズリーの高コスト化を反面教師に、小型軽量化だけでなくATAVとしての機能を一部簡略化もしくはオミット。民間向けAWV用パーツと生産ラインを共通化することでさらなるコストダウンを図られた小型ATAVである。


特徴として、頭部にあたる部分にはヘリと同じように全周旋回式の複合カメラセンサーが搭載され、パイロットは主にこれで外部の視界情報を得る。

ff-03.jpg

フォウルのカメラセンサー。その形状から一部兵士からは不気味がられている。

また、腕(マニュピレータ)がオミットされたため、武器携行は愚か作業すら行えないが、当初から一機種に統合化することが求められていたため、兵装用アダプターを持ち、任務に応じて装備の換装ができる。
軽量化したことで今までのATAVでは不可能だったヘリによる空挺輸送も可能であり、単機でも良好な走破性及び機動性も獲得している。
一方で軽量化のため装甲が犠牲になり、コックピットは25mm弾の被弾絶えられるレベル(パイロットこそ安全性は確保しているが、機体の動作については相当深刻なもの)であり、装甲の薄い部分を狙えば歩兵用対物ライフルでも十分無力化されてしまう。

部隊配備が開始されたファイティング・フォウルはそのスペックと生産性の高さから、前線で不足している既存機の穴を埋めるべく一般部隊にも配備。グリズリーと共同運用されることも多くなったことから、陸軍の主力陸戦機の一つと認識されるようになった。

ff-09.jpg

グリズリーと行動するフォウル部隊。近年ではこのようにグリズリー2機、フォウル2~4機で部隊を編成することが多いという。

しかし、前線での運用がそれほど考慮されていなかったため、戦果を上げると同時に軽装甲が仇となって撃破されることも多々あった。
それが原因で兵士たちからは『歩く焼き鳥』と揶揄されることもあるらしい。

現在、通常型の他、無人偵察機を備えた偵察型や戦闘工兵型などのバリエーションも開発中。また、同盟国や第3国への輸出も考えているらしい。

ファイティング・フォウルとは英語で「軍鶏」を意味する。

ff-07.jpg

コックピットはグリズリー同様全展開式ハッチのため、緊急時に乗り降りがしやすい。

ff-08.jpg

後部には雑具入れがあり、ここに小火器やサバイバルパック、私物などが入っている。

ff-04.jpg

75mm速射砲 アンシェルアーマメンツ製の艦砲を転用したもので、対陸戦機には十分な威力を発揮するが、戦車に対しては(側面を狙わない限り)火力不足が否めない。

ff-06.jpg

20mmガトリング砲 上述の速射砲と出撃前にどちらかを選択する必要がある。本来は対空用に低空飛行をする攻撃機やヘリの撃墜を目的としたものだが、前線では対物・対人に使用されることが多い。

ff-05.jpg

多目的ミサイルランチャー 通常は対戦車ミサイルを装備することが多いが、任務によっては対空ミサイルに変更することもある。

バリエーション

SGA-04R スカウト・フォウル

現在開発中の電子偵察型。軽武装だが、アダプターに小型レドームとカメラユニット。背中には雑具入れの代わりに無人偵察機(UGV)を備えた偵察に特化した機体。

SGA-04E エンジニア・フォウル

現在開発中の戦闘工兵型。詳細は不明だが、重火器は搭載せず、両腕のアダプターとは別に作業用のアームが追加されるとのこと。

ff-11.jpg ff-12.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ロンメル - 2014年11月01日 14:07:30

こんにちは!
課題が終わらずに農大へ行けそうにないロンメルです!(泣)
いやぁやっぱりフォウルさん良いですねぇ!
人型のロボットもいいのですが、個人的には鳥型?というのでしょうか、フォウルさんのように逆関節の腕と頭無しのロボットが大好きでして、そういった点でフォウルさんは超ツボにハマるロボットなのですよ!
その場の勢いでライセンス下さいと無理を言ってしまいましたが、わざわざ作ってくださり感謝の極みです!
是非完成させてスコウさんのものと並べてみたいです!
長文失礼しましたが、これからも楽しくレゴりましょう!

Re: タイトルなし - スコウ@ - 2014年11月09日 19:26:14

コメントありがとうございます。
駄作動画を見るために農大に来てくださりありがとうございました。

フォウルポジの2足歩行戦車は前から作りたいと考えており、あらゆるメカデザインを探り、結果として脚の稼動が残念になりましたが、「基本ダッシュローラーだし、まぁいっか!」ってことでデザインも気に入ったので採用しました。

そんなATAVをラ国してくださり感謝です。完成次第ぜひ並べて後輩いじりさせてもらいたいですねぇ。

今後もたくさんレゴっていきましょう!

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。