スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GA-03 グリズリー

G-03-01.jpg


(注 この記事は今後編集する可能性があります)

機体諸元


型式番号 
Gressorial Armar GA-03

所属
ブリック共和国陸軍

製造
統合技術研究所、ARC(共同開発)

頭頂高
14ブロック

本体重量
25.5t

最大速度
55km/h(歩行時)/90km/h(ダッシュローラー使用時)

最大作戦行動時間
6時間(初期型、アイドリング時28時間)
20時間(A4型、アイドリング時72時間)

固定武装/装備
なし/スモークディスチャージャー

携行武装
25mmアサルトライフル
連装ミサイルランチャー×2
パイルバンカー
ナックル
(以下オプション武装)
20mm6連装ガトリング砲
105mm低反動ライフル砲
多目的ミサイルランチャー
ハンドグレネード

オプション装備
汎用コンテナ
電子戦用レドーム

概要

共和国陸軍は以前より軍用ATAVを運用していたものの、それらは民間向けの機体を改造したに過ぎず、十分な性能を持っているとは言いがたかった。当時、南アメスタ大陸の隣国はその勢力を伸ばし、パワーバランスが崩壊するのも時間の問題と考えられた。
陸上戦力こそそれなりに充実していた陸軍ではあったものの、複雑で入り組んだ地形の多い大陸では従来兵器の性能を最大限に発揮できるのか懸念されていた。

そこで陸軍は、「クォーターATAV計画(通称Q.A.P)」を発表。これは、陸上戦力、特に戦闘車両の4分の1を不整地や市街地戦闘が得意なATAVに置き換えるという大々的かつ前代未聞の軍備再編計画であった。これに伴い、ATAVの本格的な配備運用が開始。従来兵器についても一部縮小を行いつつ、輸送車やヘリといったATAVの支援用装備を充実されることになった。

GA-03 グリズリーはそのQ.A.Pの一環として、初めて最初から軍用機として開発された主力陸戦機である。初期型から最新型のA4に至るまで改修を繰り返しつつ現役で運用され続けており、その知名度とバランスのとれた性能への評価は国内外でも高い。

各四肢関節は着脱の容易なアダプター式を採用し、機動兵器特有の整備性の悪さをクリアしている。このシステムは後に「P.A.S」(パーツアダプターシステム)という四肢換装機構として発展することとなる。
ATAVを戦闘車両であると同時に新たな兵器だと定める陸軍は、グリズリーに必要十分な装甲防御力を確保すると同時に、重量増加に伴う機動力低下を防ぐためのダッシュホイールを搭載。さらにマニュピレータや機体各所に兵装用ハードポイントを設けられたことで多種多様な作戦に対応可能。
走攻守に優れ、汎用性の高い機体に仕上がった。反面、開発当初の燃費は最悪で、生産コストが戦車の倍近くにまでなってしまったが、量産され続けるうちに解消された。

本格的な部隊配備後も、機動兵器同士の近接白兵戦闘を想定しての格闘能力の付与および格闘兵装の追加。センサー/レーダー類の換装。兵装積載量の増加を目的にアクチュエータの強化。主機関の燃費向上や最大作戦行動時間の延長など、大規模なものだけで4度(A4型)に渡る近代化改修を受け、長らく現役で運用され続けている。

現在は新型ATAVの初期量産型がロールアウト。徐々にではあるが主力の座を退きつつある。しかし、後方支援や拠点防衛など本機の活躍できる場は多く、完全に退役するのは大分先の話だと考えられている。

グリズリーとは英語で「ハイイログマ」を意味する。兵士からは「グリリン」や「ベテラン」など、多種多様なニックネームが存在し、本機がどれだけ長らく運用され続けたかがわかる。

G-03-04.jpg

胴体と一体化した二眼式のメインカメラが特徴。頭頂部に突き出たドーム状の構造物は全周囲センサー。

G-03-03.jpg

コックピットハッチを全開にした状態。内部は狭いものの、脱出のしやすい構造になっている。

G-03-05.jpg

グリズリーの搭載可能武装。

G-03-06.jpg 

25mmアサルトライフル グリズリーの標準装備にして、唯一の携行火器。対空機関砲を元にしており、陸戦機や装甲車両を破壊できる攻撃力と命中精度を誇る。
本火器と同時に対陸戦機用のAP弾も開発されている。ただし、ケースレス化は見送られている。


G-03-07.jpg

対戦車ミサイルランチャー 両腿脇に装備されている。使用時に正面に向けて回転する。これにより、限定的な対戦車能力を得ている。


G-03-09.jpg

ナックル 見た目通りの近接格闘用装備で、格闘能力を付与する際に追加された。リーチは短いが、打撃破壊力の増大だけでなく、打撃時のマニュピレータ保護のために使用される。

G-03-08.jpg 

パイルバンカー 重機から発展した炸薬式の杭打ち機。ナックル同様、リーチは短いが、当たりさえすればほぼ一撃で目標を葬り去れる。
攻撃以外にも、障害物の破壊に用いられるなど、汎用性も高かったりする。



G-03-14.jpg G-03-11.jpg

G-03-13.jpg G-03-16.jpg

G-03-15.jpg G-03-12.jpg

この作品はこちらのサイトでも公開されています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。