スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AH-84D レイジングバジリスク

bazi1.jpg
本機はBR陸軍所属のAH-84 バジリスクに大幅改修を施した重戦闘ヘリである。
具体的な改修点はエンジンの大型化、双発化と火器管制システムの強化、
武装の強化。そしてそれらに伴う機体の大型化が挙げられる。
A型同様3枚の主回転翼が特徴である。

このD型は攻撃ヘリとして、
長らくその座に居座っていたが、ほぼ無理矢理にレーダーシステムを導入した所為で操縦性に難があり、
現在一部の地域を除いて、ほとんどのバジリスクシリーズが退役済みとなっており、
代わりの新型の重戦闘ヘリが配備されている。
ちなみにその新型ヘリの形状の一部はバジリスクと酷似した部分がある。
また、近いうちにバジリスクは海兵隊仕様で復活予定である。

この機体名の由来はヨーロッパの想像上の生物、「蛇の王」と言う意味で、
レイジングは「怒る」という意味合いから
「怒れる蛇の王」という意味である。

bazi2.jpg

後方

bazi3.jpg

スタブウィング下

bazi4.jpg

BRとUSLC間で活動中のゲリラを攻撃するAH-84D

概要
正式名称 AHー84D レイジングバジリスク
全長 約41ポッチ
全高 約13ブロック
固定武装 4砲身20mm機関砲
搭載兵装AIM-89 ブリューナク
    AGM-233 ヘイルストーム
    サウザンド 4連装ロケットランチャー
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。