スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンコク駐屯基地要員・連隊員名簿

D中隊 画像6
(レゴランド内戦で起きた「パンコクの戦い」において、主力が到着するまで帝国軍を足止めするため準備をするD中隊。)

本記事はパンコク駐屯基地及びDUL駐屯陸空海軍混成連隊に所属する兵士たちの名簿及び各々のプロフィールを纏めたものである。
名簿は、隊員が追加され次第、追記予定である。
また現在公開中の旧D中隊ページの人物は一部設定を変更したまま続投となっている。
何れのキャラも今後引き続き登場を予定している。

(注1 この記事は書きかけの項目です。今後編集する可能性があります。)
(注2 この記事は同ブログ内で公開中の「D中隊活動報告記録」のストーリー進行と連動しています。同記事で新キャラが追加された後、本記事でも紹介していく予定です。)




●ダークハウンド隊(D中隊)員
連隊唯一の歩兵部隊であり、懲罰部隊。
故に素行は悪いものの、兵士としては優秀な人材が揃っている。
ちなみに命名は隊員自らが「闇の中の猟犬」「正規軍の飼い犬」という意味が込められている。

正規軍の部隊では行わないような危険かつ非合法な任務にも従事する。
公的には彼らを含める全員が傭兵という扱いになっているため、戦死したり問題が起きても正規軍には責任義務がない。
軍としての作戦行動、PMCとしての仕事をするのも主として彼らである。

キャラが濃く、クセの強い人物が多い。
服装は基本濃灰と黒のツートンカラーだが、それ以外のデザインに共通点はなく、被り物も含め自由となっている。


D クリス

クリストファー・ハンソン
年齢 21歳 階級 伍長 活報記登場話 1~8 9~17 20~
愛称はクリス。
特殊部隊S.FOGの元隊員。
懲罰部隊たるD中隊および連隊が海外に派遣されるに際して、問題行動を起こさないために監視のため正規軍より送り込まれた。
実際のところ、まだ未熟だった彼を鍛えるのが目的だったらしいが、そのことに本人はまだ気づいてない。
昨年入ったばかりで、比較的新参者。D中隊の奇想天外すぎる行動と環境の変化に、苛まれつつも徐々に慣れてきてしまっている。

濃いメンバーが多いために目立たないが、割と能力は高い。特殊部隊出身のため大体の装備の取り扱いに精通している。
その能力に漬け込まれて、中隊内ではいろいろと雑用を押し付けられる。

メンタル面が若干脆く、空気が読めない節がある。真面目で数少ない常識人。

実は帽子の中にはマッシュルームのようなオレンジの髪が隠れている。
犬アレルギーでもあり猫アレルギー。
好物はクリームシチュー。休日はクリケットや散歩をする。
惚れっぽいところがあるが、基本純情。
D中隊活動報告記録においては、記入者兼主人公を努める。記録なのにストーリー仕立てになっているのは仕様である。

D モーガン

アレックス・モーガン
年齢 44歳 階級 曹長 活報記登場話 4~8 10~17 19
D中隊の先任下士官で実質的な指揮官。
ずっとこの部隊に在籍している最古参で、同僚の死を数多く見てきた。
10年前、精鋭部隊の指揮官として内戦に送られた。全滅するのと動議の無茶な命令を受けたが、部下の命を最優先し止むを得ず命令に背いたため上からの恨みを買ってしまい、D中隊に送られた。

精鋭としての腕は老兵となっても衰えておらず、歴戦の兵士と形容すべき経験と能力を誇る。

飄々とした人物だが、リーダーとして仲間のことをきちんと気遣える人物。若干だが、無茶な行動が目立つ。

クリスの上司でデルタチームの隊長 ロッド大尉は上記の内戦で生き残った彼の部下の一人。
孫が生まれて、小学生になるまでは現役でいるつもりらしい。
好物は酒とから揚げ。休日はランニングや昼寝をする。
活報記では主要人物の一人。クリスに時折無茶振りしたり、文字通りこき使っている。

D マルティネス

デイビット・マルティネス
年齢 28歳 階級 中尉 活報記登場話 2~3 9~12 17
参謀とパンコク基地の実質的なNO.2の幹部。名目上はD中隊隊長となっているが、指揮はモーガンに任せている。
祖父の代からの軍人家系で士官学校を優秀な成績で卒業したエリートで、将来を嘱望されていた。D中隊のDUL派遣の発端を作った男。自分が言い出したのだからと、彼のことを気に食わなかった上司により無理やり汚職の責任を取らされ、D中隊送りとなる。

戦闘経験が無く、本人は後方で指揮をすることが多い。といっても士官学校での戦闘訓練は良好であり、時には自らが武器を持って戦場に立つ。

基本は冷静沈着な人物。ただし、趣味の話になるといろいろとぶっ壊れる。

美少女ゲームやラノベやアニメが好きないわゆる二次元オタク。K○y作品が大好きな鍵っ子である。
妹のリズのことを「二次元だったらよかったのに・・・」とぼやいており、好きでも嫌いでもない模様。
好物はガム。休日はゲームやラノベを楽しむ。
活報記の主要人物の一人。冷静な部分が極稀で、ほぼぶっ壊れ状態。

D ミラー

ケイン・ミラー
年齢 37歳 階級 軍曹 活報記登場話 2~3 7 10 12
モーガンの副官で、小隊の選抜射手。
元々レンジャー部隊の精鋭だったが、任期短縮と退職金の増額を条件に自らD中隊に入った。
禁止されている賭博行為がばれそうになり、逃げてきたらしい。

射撃技術が高く、近距離から遠距離まで幅広く対応できる。その腕を活かして、基地近くの森にて無断で狩りをしている。

不真面目な人物で洞吹き。詐欺師の異名を持ち、ムードメーカーでありトラブルメーカーでもある。

マルティネスに対してゲームやラノベのネタバレ裏話などをして弄っている。
それ故に彼とは犬猿の仲。
好物は鹿肉の燻製。休日は麻雀やポーカーで賭け事をする。
活報記の主要人物の一人。現在のところ出番があんまり多くない

D オズリー

オズリー
年齢 30歳 階級 伍長 活報記登場話 13~16
国内の先住民である戦闘民族出身の元山岳兵。
D中隊に来た理由は不明だが、文化的相違が原因らしい。

山育ちの卓越した身体能力と研ぎ澄まされた五感を持ち、人の考えてることが読み取れる。白兵戦で右に出るものはない。

ストイックな性格。わかりにくいが少しキレやすく、ショットガンで吹き飛ばしたり、トマホークを振り下ろそうとする。

一人称は「リー」。語尾に「~アル」「~ネ」「~ヨ」などとつける。
モーガンは昔、彼と逃走劇を繰り広げたらしく「逃○中のハンターの数倍は怖い」と評していた。
好物はマツタケご飯。休日は知恵の輪に苦闘している。

D ロウヴァー

ロウヴァー
年齢 26歳 階級 兵長 活報記登場話 なし
白人の戦闘工兵。
実家が花火師で、ふざけて自作の花火を飛ばしたが不発で、基地にあった弾薬庫に落ちてしまい大爆発を起こしてしまった。

爆弾の取り扱いに関しては部隊随一。花火を転用してIEDを作ったり、逆に爆弾から花火を作ったりする。

部隊でもかなりのイカれ野郎。だが、良くも悪くもかませ犬的存在。

上記の理由から、連隊内でもブラックリスト扱いになっている。
ジェイキンズとは同郷出身。
好物は鯵の揚げ物。休日は爆弾いじり。

D ジェイキンズ

ジェイキンズ
年齢 25歳 階級 上等兵 活報記登場話 なし
白人の機関銃手。
爬虫類好きがだんだんと行き過ぎてしまい、ついには基地内で隠れてワニを飼いだしたためペットごと追い出されたらしい。

分隊の火力支援担当。機関銃の扱いはお手の物で、リロードの時間が通常の半分らしい。

無口で必要以上のことは話さない。割と面白い性格らしい。

コミュニケーションはジェスチャーやフリップで行う。
現在、ロッカーの中にはミドリガメの「みどりん」がいる。
好物は特にない。休日は亀の世話に没頭する。

・新入隊員
D中隊の内、昨年入ったばかりのクリスよりも後から入隊した4名の隊員たち。
内2名は軍に入隊したばかりの正真正銘のルーキーであり、正直使い物にならない。
彼らは懲罰というよりも任務のためだったり、存在が面倒なため厄介払いされたという理由で来たらしい。

(Next comingsoon・・・)

●兵器乗員
車両部隊や航空機部隊に所属・搭乗する人員。
D中隊同様、懲罰対象となった者が多い。

どういうわけか、メンバーのほとんどは何かしら貶されたり、きっかけがあったりすると感情が爆発しやすい。

・陸上部隊(陸軍)

D ダバディー

ダバディー
年齢 43歳 階級 曹長 活報記登場話 11~12 16(車両乗員として、本人は未登場)
オルトロスD1A装輪戦車の戦車長兼砲手。

主力戦車に搭乗していた経験から、機種転換した後もその経験を生かしている。

当初は装輪戦車に乗り気でなかったが、現在では一番の相棒であるという。
傷をつけた人間には問答無用で50口径105mm砲から放たれるAPFSDSをお見舞いする。
好物はラーメン。休日は車内でタバコを吸ってたりする。

D ブラウン

ブラウン
年齢 35歳 階級 軍曹 活報記登場話 16(車両乗員として、本人は未登場)
オルトロスD1A装輪戦車の操縦士兼通信士。

普段は公道の表示以下の時速30キロのノロノロ運転だが、戦闘になるとフルスピードで暴走する変貌っぷりであり、ダバディーも「極端すぎる」と呆れている。

ダバディーの怒りを静めるため「まぁまぁ」といい続けた結果口癖になってしまった。
「まぁまぁさん」という名前が浸透しつつある。 
好物は芋けんぴ。休日は特に何もしていない。

D オオヤマ

オオヤマ
年齢 39歳 階級 中尉 活報記登場話 5~8 11~12
ペリュトン1小型汎用ヘリの操縦士。機種転換後は拡大設計したペリュトン2に乗る。

昔はテレビ局のテレビ局のヘリを飛ばしていたが分け合って転向した。

自他共に認める大の釣り好きで、自らを「フィッシャーオオヤマ」と自称し、釣りのためなら命すら捧げる。

彼のヘリには釣具が常備されている。故に定員の半分も乗れない。
好物はうなぎの蒲焼。休日は勝手にヘリを飛ばして釣りに出かける。


(Next comingsoon・・・)

・航空部隊(空軍)

D エルレイ

エルレイ
年齢 33歳 階級 大尉 活報記登場話 18 21
パンコク空軍基地 第9航空隊隊長で戦闘機パイロット。TACネームは「ブレイド」。
搭乗機はLF-19D ファルコ
所属していた部隊が戦闘機の退役に伴い解散したため、紆余曲折の末、部下のキャンベルがいた現部隊まで来ることになった。

戦闘機乗りとしての腕前は卓越しており、模擬戦ながら配備されたばかりのステルス機 BF-56 グリフォンを旧式のリャナンシーで打ち負かしたこともある。

鬼教官としての側面を持ちキャンベルを含む部下からは恐れられていた。

年齢のことや独身のことを言われ、それを言った本人が翌日には鬱状態になっていたという。
入隊は彼女のほうが後だが、階級的にももともとの立場的にも上だったので、必然的に航空隊を率いることとなった。
好物はワッフル。休日はエステや婚カツを隠れてしているが実らない。

D キャンベル

ジョージ・キャンベル
年齢 28歳 階級 少尉 活報記登場話 11~12 17~21
パンコク空軍基地 第9航空隊所属の戦闘機パイロット。TACネームは「バーサク」
搭乗機はBF-55 リャナンシー→LF-19D ファルコ
何度も許可なく戦闘機を飛ばし、それが民間航空会社から基地へ苦情を送られるようになり、この部隊に送られてきた。

能力は高いが、WW2時代の戦闘に憧れており、無駄に格闘戦をしたがる。が、やばくなたらミサイルも使う。

熱血漢で涙もろい。感情の起伏が激しく、暴走しやすい。とにかく言った事がブレまくる男。

前に乗っていたリャナンシーは6年連れ添ってきた恋人のように扱っており、DULの航空隊に引き渡されたときは酷く泣いていた。ファルコに乗り換えてからは娘のように可愛がっている。
好物は野菜炒め 休日はとにかく愛機の自慢話をしたがる。

(Next comingsoon・・・)

・海上部隊(海軍)

(Next comingsoon・・・)

●基地要員
パンコク駐屯基地に勤務する後方要員。
何れも非戦闘員で、基地の管理運営を行ったり、隊員らのサポートをしている。

D リズ

エリザベス・マルティネス
年齢 20歳 階級 軍曹 活報記登場話 9~12 20~21
パンコク駐屯軍の無線担当官の女性。
兄のマルティネスが不当な理由でD中隊に送られたことに怒り、後を追う形で志願した。

クリスらD中隊や戦闘部隊に的確かつ迅速な指示や情報提供を行う。

時々ドジが目立つが、真面目で明るいいい子。ブラコン。

普段は事務の他に、基地内におけるラジオ放送のパーソナリティも勤める。その時のぶっ壊れ具合は兄そっくりである。どうしてこうなった。
兄の影響で、小学生以来久々にアニメにはまる。クリスとはなぜか気が合う。
好物はベリームース。休日は撮り溜めしたアニメを消化する。
活報記の主要人物の一人。

D マッサーカー

ダラグス・マッサーカー
年齢 50歳後半 階級 少将 活報記登場話 10 18
パンコク駐屯陸軍基地司令兼駐屯軍総司令。
将軍として有能ではあったが、上とのいざこざで命令違反や人名軽視の行動が多く、一度免官させられた。
数年間隠居生活を送っていたが、本国から隔絶された本連隊の司令を任される少将として服役した。

カリスマ的リーダーシップを発揮するその能力は確かで、連隊がここまで強力になり、独自の行動ができるのも彼の手腕によるもの。
いずれはその権力を背後にパンコク総督の座に尽きたいとも考えている。

某GHQ最高司令官にどことなく似ており、言動や行動もそれを意識したものになっている。
人の少ない時間帯に食堂で一人納豆定食を食べていると言われている。
好物は鮭と納豆。休日は何をしているのか不明。

D マダム

食堂のマダム
年齢 40後半 階級 食堂料理人 活報記登場話 4 12
パンコク基地内の食堂「マダム亭」に勤務する女性。

モップやフライパン、もしくは素手で隊員たちを圧倒する化け物染みた腕力を持つ。

顔とは裏腹に口は悪いが基本いい人。ただ、キレると誰も手が施しようがない。

おばさんと呼ばれるとものすごく怒る。基地に働く男たちの腹は彼女が握っているようなものなので誰も逆らえない。
モーガンやマッサーカーと一緒にいたり、ただの食堂勤務なのに権力があったりと基地内でも非常に謎が多い。
好物は狸うどん。休日は料理研究と包丁砥ぎ。

(Next comingsoon・・・)

●整備・技術班
小火器から戦闘車両、航空機、艦艇、果てはロボットまで、連隊で運用されている全ての装備品を整備・修理している。
少ない人員で多種多様の兵器を扱っているため、どう考えても稼働率が悪そうだが、「月月火水木金金」という過酷な労働環境の名の下で何とか整備状況を維持しているらしい。
ある意味一番懲罰を喰らっているところである。

また、装備の武装、装甲、エンジン、電子機器の魔改造等も請け負っている。

D バルト

バルト
年齢 50歳 階級 整備長 活報記登場話 18
パンコク基地の整備班長。

あらゆる装備の整備を請け負い、応急的な整備ならたった一人で短時間で再出撃可能なまでにできる。
通常の3~4倍働いているらしい。

彼のお世話になる人間は皆、「おやっさん」と呼ばれ親しまれている。
部下が整備をミスしたときや、無茶が多いために隊員らが装備を壊してきた時は物凄い怒号を上げるため、耳栓は必須である。
その怒号は基地の外にまで聞こえてくるという・・・
好物は卵かけご飯。休日なんてあるわけない。

D 整備トリオ

ウンノ ドイス トレイス(左から)
年齢 左から36 24 19歳 階級 整備員 活報記登場話 18
3人ともパンコク基地の整備員。

ベテランのウンノ 真面目なドイス お調子者のトレイスの3人組でいつも一緒にいる。
特に若い二人はバルトから毎日お叱りを受け、休憩時間には愚痴を言い合って、年長者が宥めるというのがテンプレである。
だが、なんだかんだでバルトのことは尊敬している。

好物は左から梅、鮭、肉巻きのおにぎり。ボスが休日返上なのに彼らに休みがあるわけがない。

(Next comingsoon・・・)

関連記事
DUL駐屯陸空海軍混成連隊 (旧D中隊)

主要装備一覧(comingsoon・・・)

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。