スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D中隊活動報告記録 10ページ目 入隊式という名の・・・1

この日誌は、突如としてD中隊に左遷された特殊部隊S.FOGデルタチームの新米兵士 ノーヴィスことクリストファー・ハンソン伍長が綴った、記録とは名ばかりの実質的には彼個人がD中隊における愚痴を書いた日記である。

ちなみに形式は某ワロニア国等が会議でやっている会話形式とほぼ同じである。


見なくても流れでわかる!
登場人物紹介

クリス2

クリストファー・ハンソン

ひょんな理由で軍懲罰部隊「D中隊」に入隊する羽目になった上に、実は入隊出来ていなかったという悲惨な状況下を何とかくぐり抜けたKYな元S.FOG新米隊員であり主人公。通称クリス。D中隊の動向を監視するために本国から送込まれたが、後に中隊の面々に振回されることになることを彼はまだ知らない。

入隊式の時、空気を読まず偉い人が話してる最中に我慢できずトイレに駆込んだ。

リズ

エリザベス・マルティネス

中隊の参謀 マルティネス中尉の妹。中隊の無線担当官及び事務担当及び基地内放送パーソナリティ。通称リズ又はリズ丸。
ドジっ娘且つ天然で努力家。基地内放送時ではアニメ声優がやるようなテンションになる。数少ない女性ということもあり、基地内においてはアイドル状態になっている。後ブラコンである。

入隊式の時、実はクリスに続いてトイレに駆込んだ何人かに紛れていた。

元帥1

ダラグス・マッサーカー

パンコク駐屯基地司令官。少将。レグドラ戦争時には前線の最高司令官を務め、勝利に貢献していた人物。しかし、命令を無視して敗北したレグドラに対して北上を続けたため、要注意人物と看做され一度更迭されたが、駐屯基地司令という形で現役復帰を果した。故に政府や軍上層部を憎んでいる。
某連合国軍最高司令官に顔と名前が似ている上、それをオマージュしたような台詞を口にしたりする。

入隊式の時、たまたま来賓として来てた。

○月×□日 天気 晴天 記入者 クリストファー・ハンソン 場所 パンコク駐屯基地内グラウンド

事実上今日がパンコク駐屯基地での初勤務となる。
S.FOGでは特に入隊式らしいものは特に無かったから(代わりに歓迎会と称されて飲屋を5軒くらい梯子して、3軒目くらいから記憶ないけど・・・)新鮮で緊張してしまう・・・
というか、こんな変人だらけの所でもちゃんと‘普通の’入隊式があることに驚きだ・・・個性的って面では前と似てるだろうけど・・・

だが、やっぱりというかここの人たちと僕の言う‘普通の’入隊式とは余にもかけ離れていた・・・

リズキィィィイイイン!!ガサゴソ・・・(マイクの雑音)あ、あ、テステス、現在マイクのテスト中・・・』

クリス2 「(あの人が放送の人なのか。なんかさっきと雰囲気全然ちげーな~)」

リズ 『オホン。ただいまより、2012年度パンコク駐屯基地入隊式を始めます。まず最初に基地司令官 ダラグス・マッサーカー少将の挨拶です。』

クリス2 「(え、ダ○ラス・○ッカーサー!?何で某連合国最高司令官がこんな所に・・・!?)」

元帥1 『基地司令のダラグス・マッサーカーだ。長い話は苦手だ、諸君等には要点だけを手短に伝えよう。』

クリス2 「(なんだ、聞き間違えか・・・紛らわしい名前だなぁ~ってか顔も似てるような・・・!?)」

元帥1 『ここは本国の生温い基地とは訳が違う。諸君等にはまず、その違いをはっきり理解して欲しい。』

クリス2 「(はい、わかってます。昨日たっぷり違いを見せつけられました・・・っていうかさっきから『諸君等』って言ってるけど・・・)」

D 10話挿入


クリス2 「(僕以外に入隊者いねぇし!!)」

元帥1 『我々の目的はここ、パンコクをPIZA同盟の名の下、敵の攻撃から防ぐことだ。が・・・』

クリス2「(が?)」

元帥1 『そんな事は二の次だ。我々の目的はここ、パンコクを駐屯部隊の武力を持って実行支配することだ!

クリス2「(うわぁぁああ!なんか独裁宣言キタァーーー!)」

元帥1 『私は実行支配により独立を宣言し、PIZA同盟の根幹を揺るがすことで、たった一度の失態で追放した本国の奴らに復讐する!そしてその為に諸君等がここにいるのだ!私が言った事について行けない者はここからただ‘消え去る’のみだ・・・』

クリス2 「(なんで‘消え去る’強調したんだよ、こえーよ!でも監視任務がなかったらこんな所からとっとと消え去りたいよ!あ、でも消え去るってまさかそういう意味じゃ・・・)」

元帥1 『・・・私からの話は以上だ。諸君等の幸運を祈る。』

パチパチパチ・・・

クリス2 「(ひょっとしてマッサーカー将軍が僕がここに送られてきた理由・・・!だとしたら、ここはもうダメなのかも知れない・・・)」

リズ 『マッサーカー少将、ありがとうございました。ちなみに念のために言っておくと今のお話は全て少将の粋なジョークです。』

ずっこけクリス ガタン!


続く

感想
マッサーカーフィグは別に最高司令官に似せたわけではなく、たまたま出来上りましたwこれから結構同人物の名言的なことを呟くかもしれません。

なんか始まってから軍らしいことを何一つしてませんが、それっぽい感じのはもう少し先までお待ちクダサイ。多分後2~3話くらいでエクスペン○ブルズ的なことをします。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。