スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH-32 ブローガン

OH01

(注 この記事は書きかけの項目です。今後編集する可能性があります。)

OH-32 ブローガンはレゴフロンティア(LF)国のAH-32 ハルパーの設計を元にアンシェルブロウ社傘下企業の一つ、アンシェルコプター社が中心に同傘下企業により共同開発された観測ヘリコプターである。

性能諸元

全長 約32ポッチ
全幅 約14ポッチ
全高 約8ブロック
主回転翼直径 24ポッチ
超過禁止速度 280km/h
航続距離 530km/h
乗員 2名
武装 短距離空対空ミサイル×4

開発経緯

ブリック共和国(BR)陸軍は民間向けのヘリを改造した物を観測ヘリとして使用していた。しかし、古い機体であったため予備パーツが少なく、老朽化による相対的な性能の低下。加えて、近年国内においても急速に発展してきた戦術データリンクシステム PSS(衛星測位システム)に未対応であったため、新たな観測ヘリの開発が急務とされていた。
しかし、陸軍は当時、新鋭機のメデューサ戦闘ヘリコプターの開発に力と予算を注いでおり、元々何故か戦闘ヘリの開発を重視する傾向が強かった。また、レゴシティ合衆国より多用途ヘリコプターのライセンス生産も進められており、観測ヘリ開発の方に視線が集まることはなかった。
そこで、LFの小型戦闘ヘリ AH-32 ハルパーをライセンス生産し、観測ヘリとして小改造を施す予定であった・・・はずだった。アンシェルコプター社の開発責任者のマカイ・ゾースキーは、ただのオリジナルを模倣するだけでは観測ヘリとしての性能が中途半端な物となってしまうと判断。彼の独壇場でハルパーの設計を書き換え、その設計案を提出した。当然ながら最初その案は突き返されたが、その設計変更理由の正当性と彼の熱心な「説得」により、最後には同意を得た上でハルパーの設計変更・開発に乗りだした。
こうして開発されたOH-32 ブローガンは短期間で試作機が完成。民生部品を多用したことで、事実上の新規開発により懸念されていた開発及び調達コストは当初の予想を下回り、基本性能は元より整備性能が高いコストパフォーマンスの優れる機体に仕上がった。
なお、この一件以降、「アンシェル社に二人目のライセン・スイヤーダがいた・・・!」と言われはじめ、ゾースキーは「第二のスイヤーダ」と呼ばれるようになった。それが名誉なことかどうかは別として・・・

特徴

機体構造

侵攻してきた敵地上部隊の偵察を行い、味方地上部隊及び戦闘ヘリコプター部隊に逐一最新の情報を提供し、戦術の支援をするのがブローガンの役目である。そのため、隠密性および生残性が重視された。

戦闘ヘリコプターのような縦列複座(タンデム)式のコックピットを採用して胴体を細くしたことで、レーダー反射面積を抑え、目視被発見を避けるとともに、前方から射撃された際の被弾率を下げる為、胴体幅は4ポッチ程度に収められている。また座席部分は装甲が施されており、搭乗員の生存率を向上させている。

メインローターは通常の4枚ブレードと堅実なものだが、テールローターは装備されておらず、回転運動(トルク)を打ち消すため代わりにノーターシステムを採用している。これにより機動性には癖が出来てしまったが、騒音低減が出来、木陰で身を隠して偵察をする際にテールローターが木に当たる危険性を無くしている。

OH06

また、ブローガンは上部・中部・下部の大きく分けて3つにユニット化されており、例え、攻撃に遭い機体が甚大な損傷を被ったとしても、被弾箇所をすぐにユニットごと換装することで数時間で再出動が可能である。

OH08

アビオニクス

索敵サイトは、従来の戦闘ヘリが機種先端に搭載しているのに対し、ブローガンの索敵サイトは後部座席上部に設置されている。木陰に隠れて敵からの被発見性を下げつつ偵察が行なえる。

OH02

サイトは赤外線センサー、可視光線カラーテレビ、レーザー距離測定装置が一体化したもので、敵上陸地点を昼夜問わずに監視できる。

また、コックピットにも任務適合性の高いアビオニクス統合システムを採用した。データリンクシステムに対応しているため、手に入れた情報は地上部隊や戦闘ヘリ部隊と共有が出来る。

エンジン
エンジンはハルパーと同じ物を2基搭載している。高速を叩出す高出力エンジンだが、航続距離に少々難があったため、出力には調整が加えられた。

OH05

近代化改修が加えられたB型には、赤外線輻射抑制のため、排気口を横倒しにした新型の赤外線サプレッサーが装備された物へと換装された。これは後に本機を元にLFがハルパーを拡大・発展化させたAH-33 スーパーハルパーを元にしている。

OH04

武装

固定武装は無いが、胴体両側の安定翼下のハードポイントに航続距離延長用の増槽を1基ずつと、個人携帯用のFIM-98ブリューナクを転用した空対空ミサイルを箱型の2連装ランチャーに搭載して4基(左右2基ずつ)を自衛用に装備している。

OH03

また、原型が攻撃ヘリだったこともあり、実際に軽攻撃ヘリとしての運用も考慮してか、対戦車ミサイルをハードポイントに搭載出来、さらにコックピット下面に換装可能なターレット式の機関砲も装備できる。

輸出

アンシェル社はブローガンの海外輸出にも積極的であり、単なる観測ヘリとしてではなく、攻撃ヘリとして運用できることも宣伝文句にアピールした。これまでにレゴランド民主主義連邦(DUL)やレゴランド国(LLC)、ワロニア国(WL)など、およそ5カ国以上でライセンス生産された。

バリエーション

A型
基本型。輸出型もこれと同じ性能の物。およそ半数の機体が後にB型へと改修を受けた。

OH09

B型
排気口を横倒しにし、赤外線サプレッサーを装備したエンジンに換装された機体。

OH10

重武装型(A1型)
A型に対戦車ミサイルとガトリング砲を搭載した軽攻撃ヘリ仕様。BR陸軍はメデューサのみで十分だと判断され、結局試作機1機だけの製造に留まった。しかし、これが元で海外の採用国では多くの場合ブローガンが攻撃ヘリとして運用される一因ともなった。

OH11

AH-33 スーパーハルパー
ハルパーを開発したLFが、本機の技術を取入れハルパーを拡大設計した機体。ハルパーの面影を残しつつ、ブローガンの意匠が伺えるというまさかの逆転現象が起こってしまった。ちなみに何故か未だ持って単座である。

NGS-1 ナギサス攻撃型回転翼機

銀星重工がライセンス生産し、DULで攻撃ヘリとして運用されている機体。主力の戦列歩兵の支援目的で作られたはずが、本国軍では操作が難しかったためか、近代化の進む、華南軍の方に配備されたらしい。性能は銀星クオリティーにより3割引。

WL配備機
WLのルナーレノ社が本機の青写真を元にライセンス生産した機体。偵察機として運用されているらしいが詳細は不明。本機の試験飛行後、大統領はこの機体に絶賛し、開発者は讃えあい、社長はLEGO連合王国から出国したらしい。
後記事が何故かプロジェクトXである。

OH07 OH13

OH12 OH14
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ポポ - 2014年08月05日 19:00:43

SS社社員「ほほう。これがアンシェル社が開発した、ベストセラー偵察ヘリコプターと噂されているブローガンですね。我が国の隣国DULでも確か採用されていましたな。さて、一通り見てみましたが、モジュール化された機体や対外的な販売も視野にした高生産性、被発見性を低める細身でシンプルなデザイン、高い拡張性が素晴らしいですね。やはり売れているヘリは違いますな! 性能を追い求め過ぎ、やたら高コストになってしまう当社の製品開発部は大いに見習うべきでしょうね。……よし、早速上層部に視察結果を報告です!」

Re: タイトルなし - スコウ@ - 2014年08月11日 19:47:20

アンシェル社社員「あら,こんなところにいらっしゃったのですか。(管理人が)探すのに手間取りましたよ。本日は我社にようこそおいでくださいました。ブローガンはアンシェルコプターの技術社 マカイ・ゾースキーがハルパーに魔か,もとい設計変更を加え完成させた渾身の一作です。当初は性能面で他社の製品に劣るため海外展開は成功と失敗で半々程度と考えていたのですが,仰るとおりの理由から現在ではマルスと並ぶ我社の定番商品に名を連ねつつあります。しかし,我社としましては御社のような高い技術力から生れるハイコストハイスペックに半ばあこがれを抱いております・・・おっと,失礼!これからも手を取合っていきましょう・・・!」

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。