スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CVー533A5 ゲリュオン(主力戦車)

sennsya1.jpg
sensya2.jpg

歩兵との高さの比較

ゲリュオンはブリック共和国が開発、大手軍事企業アンシェル社が設計に携わった、
ブリック共和国陸軍主力戦車である。
他国のMBTの発達から、強い危機感を覚えた共和国が、
新たにシャーシから設計し直し、国内外のありとあらゆる技術を
結集して作られたのがゲリュオンである。
初期型の砲塔部分の被弾軽視や装甲、主砲の火力に難があるとされ、
現行型になるまでに被弾軽視の傾斜の増強、空間、複合装甲の多様など
様々な改良がなされ現在の形にいたる。
射撃管制装置の他、多種多様なレーダー類を装備しており、
なぜか対空レーダーまでをも装備している。
乗員は3名で、自動装填装置が採用されている。

ゲリュオンとはギリシャ神話に登場する三頭、または三頭三体の怪物に由来する。

sensya3.jpg

砲塔は360度まで旋回、主砲は45度まで上下可能。

sensya4.jpg

背面。後ろのハッチはエンジンルーム。

sensya5.jpg

砲塔上。戦車長用のハッチが取り付けられている。

sensya6.jpg

USLCのNEOMAXIMUMで採用されているサスペンション並びに
姿勢制御も取り入れられている。

概要
名称 CV-533A5 ゲリュオン
全長 21ポッチ
全幅 12ポッチ
全高 9ブロック
速度 70km/h
主砲 120mm滑空砲
服武装 12.7mm機銃(砲塔)
    7.62mm機銃(同軸)
    発煙弾発射機x8
コメント
始まりは連結式キャタピラを手に入れてからでした。柴さんに許可を得て
サスを導入して、できたはいいが納得いかない。
んで、砲塔にドイツのレオパルド2A5の被弾軽視を取り入れたり、
国連各国の兵器のいろんなところを参考にしてこの形になりました。
個人的に今ある兵器で一番好きであったりします。

7月11日 いくつか追記
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。