スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D中隊活動報告記録 4ページ目 新米の受難3

この日誌は、突如としてD中隊に左遷された特殊部隊S.FOGデルタチームの新米兵士 ノーヴィスことクリストファー・ハンソン伍長が綴った、記録とは名ばかりの実質的には彼個人がD中隊における愚痴を書いた日記である。

ちなみに形式は某ワロニア国等が会議でやっている会話形式とほぼ同じである。
割とどうでもいい
登場人物紹介

クリストファー・ハンソン
クリス2

ひょんな理由で軍懲罰部隊「D中隊」に入隊する羽目になったKYな元S.FOG新米隊員であり主人公。通称クリス。D中隊の動向を監視するために本国から送込まれたが、後に中隊の面々に振回されることになることを彼はまだ知らない。
モンハンでの装備はガンランス。

アレックス・モーガン
モーガン

D中隊の母体の一つであった「D小隊」の指揮官。曹長。いかにも歴戦の兵士と言ったこの部隊の中ではまともそうな風貌だが、勤務時間中の職務怠慢もしばしば。
冗談と本気半分で、クリスに無理難題をふっかけてくる。
この前ぎっくり腰になった。

食堂の‘マダム’
食堂のおばちゃん

駐屯基地の食堂で勤務している女性。(現時点では)本名不詳。通称「食堂の‘マダム'」。齢(ピー)と、モーガンと大体同い年くらいだが、おばさん(ちゃん)と呼ぶとめちゃくちゃ怒られるので基地内では禁句となっている。
得意料理はたぬきうどん。きつねの事を目の敵にしている。


○月×△日 天気 晴れのち曇り 記入者 クリストファー・ハンソン 場所パンコクBR駐屯軍基地内 食堂

小1時間ほど続いた新しい上官同士の痴話喧嘩を傍観し終え、僕は自分が配属されることになる「D小隊」の小隊長に会いに行った。どうやらロッド大尉とは古い知合いらしいけど・・・
え?一体いつまで○月×△日が続くかって?まぁ後数回分くらいかなw

4ページ目挿入画像


クリス2 「あの~。モーガン曹長ですか?」

モーガン2 「がぁぁぁあ゛zzz・・・」

クリス2 「(午前中から堂々と寝てやがるよこの人・・・!)すいませ~ん!起きてくださ~い。」

食堂のおばちゃん 「はいあんた退いた退いた。掃除の邪魔だよ。」

クリス2 「あ、すいませんおばさん。」

食堂のおばちゃん 「お、おばさんだって~。なんて事を言うんだい!」

クリス2 「え、あ、すいません・・・」

食堂のおばちゃん 「おばさんじゃなくてマダムとお呼びなさい!私はこれでもまだアラフィフだよ!」

クリス2うえぇ~!それはもうおばさんどころか御婆t」

食堂のおばちゃんなんか言ったかい?ギロリッ)」

クリス2 「ひっ!な、何でもございません!マダム!(怖いよ~怖いよこの人~!)」

モーガン 「若いのをいじるはそのくらいにしてやれ、マダム・・・」

食堂のおばちゃん 「なんだい、ようやく起きたのかい、アレックス。」

モーガン 「こんなところで寝られると思うか?」

クリス2 「(うん、がっつり寝てたねw)」

食堂のおばちゃん 「掃除の邪魔だから早く退きな。全くもう~。」

モーガン 「はぁ~、やれやれだぜ・・・」

クリス2 「ん、なんだ?この雰囲気は?」

モーガン 「ん、誰だお前は?」

クリス2 「えと、ハッ!本日より配属されました、クリストファー・ハンソン伍長であります!(何か久々にまともな自己紹介出来た気がする・・・)」

モーガン 「あぁ~う~ん・・・あ!お前があの!?」

クリス2 「はい!自分がエスf」

モーガン新しい雑用か!?

クリス2 「ち~が~う~!」

後に僕は、隊長の言ったことが違わなかったことに気づかされることになるのだが、それはまた別の話。




感想
久々の本編更新。そしてようやく隊長の登場です!
キャラ崩壊なのはいつものごとくご了承を・・・
後、○月×△日はもうしばらく続きま~すw
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

スコウ@

Author:スコウ@
ブリック共和国の官僚兼大統領の第1秘書。
現大統領のチャールズ・クライアとは従兄弟同士の関係。
チャールズが戦争後企業し、部下として働いていたことがきっかけで現在に至る。
暴走する大統領を止められる数少ない人物。

昔からの趣味でレゴをしています。
主に更新するのはミリタリーやロボット系のレゴ作品、
レゴを使ったストーリー物です。
カテゴリからぜひご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
入国者数カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。